検索

1月11日 放送後記

こんにちは、お久しぶりです。放送作家のアベヒロコです。

今年もよろしくお願いします!

今週も放送をお聞きいただきありがとうございました。


年末から先週にかけての3週は、塩沼さんと弟弟子の、中野順唱さん、荒牧観雲さんの「3人寄れば文殊の知恵回」の放送後記動画をおたのしみいただきました。


お坊さんが3人で、わちゃわちゃと話すラジオ&動画は、なかなかレアケースだったのではないでしょうか。

修行時代こそ重なっていない3人ですが、同じ修行を体験していたり、同じ教えの中で育ったからか、お互いに尊敬の念と礼節を持って、適度な距離感を保ちながら、阿吽の呼吸で会話をたのしんでいましたね。塩沼さん曰く「ジャズセッションのよう!」。はたから見ていてもすがすがしかったです。



さて、きのうは成人の日でした。塩沼さんから新成人のみなさんへ、はなむけの言葉がありましたね。


大人とは【自分でごはんを食べていけること】。

塩沼さん自身は、19歳で仏門に入り、周囲にはさまざまな修行僧がいたそうです。いろんな人を見てきたなかで、反面教師というか気づいたことは、「先輩から仕事を与えられたとき、相談をしまくってなかなか仕事に着手しない人は、最終的に何事にも挑戦をせず、結果、自己評価が低い人が多かったそう。そういう人を見てきたからこそ、「与えられた仕事は、早く丁寧に正確にしましょう。その繰り返しを重ねていくと、次につながり、成長にもつながる」と。「チャレンジすることは、成長につながる」ともおっしゃっていました。


新成人の方たちだけでなく、わたしたちにも響く言葉ですね。

2022年、気持ちも新たに、引き締めつつ過ごしていきたいものですね。




ところで、年末、塩沼さんとわたしたちスタッフ(プロデューサー、ディレクター、作家)でミーティングを行いました。


番組が昨年1月にスタートして以来、ほぼはじめてっていうくらいの、意見出し的ブレストです。(今までしてなかったんかい!っていうツッコミの声が聞こえてきそうですが・・・(笑)実のところ本格的な意見出しははじめてなのでした)


1年間を振り返りながら、もっとこんな風にすると楽しくなるんじゃないか、

2022年はどんな方向性の内容にしていきたいか、

あってみたい人、招きたい方々、など、具体的なお名前を挙げながら、4人で想像を膨らませていきました。


いちスタッフとしては、塩沼さんがどれだけラジオ(で話すこと、伝えること)をたのしんでいて、それがリスナーさんにどれだけ伝わるか・・・というのを大事に考えています。言うまでもなくラジオは声のメディアなので、わかるひとになると声色だけで、体調や機嫌までも伝わってしまいかねませんから。


ブレストした内容を、実現できるよう今年も精進してまいりたいと思います。

みなさま、こんなこと話してほしい!など、ご意見&メッセージ送ってくださいね。お待ちしています。


・・・「塩沼さんの笑い声、たのしそうでよかったな」、なんて思いながら、今朝昨夜の放送をradikoで聞いたのでした。


それではまた来週!


★番組へのメッセージはコチラからどうぞ。

https://audee.jp/program/show/100000190


対象エリアの方は、radikoタイムフリーで1週間、番組を聞くことができます。ぜひお聞きください。

https://radiko.jp/#!/ts/INT/20220111213000

閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示