検索

11月23日 放送後記

こんにちは。放送作家のアベヒロコです。

今週も放送をお聞きいただきありがとうございました。


1週間がたつのは本当に早いですね。みなさんいかがお過ごしでしたでしょうか。


放送終了後の朝、毎回、オンエアサロンに届くみなさんからのメッセージを読んでいます。

すると、毎週火曜のラジオ「step by step」をたのしみに1週間を過ごしていたり、ラジオで塩沼さんがおっしゃったことを、1週間の糧にしている方が多い、ということが伝わってきます。

いつもメッセージをお送りいただき、ありがとうございます。


さて、昨夜の塩沼さんからのお題は、「1週間、身の回りを掃除しよう」という修行でしたね。

何かに着手しようとすると、必ずほかのことに目が行き、なかなか本題に移れないというか、本腰を入れられなくなる、という悪循環。

現実を逃避しているわけではないと思いますが、環境を少しでも整え、頭の中を整理してから臨みたい、という深層心理の表れなのかもしれませんね。


そんな「何事かを前にすると別のことに目が行ってしまう」というメッセージが、番組のコーナー「リアクション修行」にも寄せられました。そのリスナーさんはそういった現象を「こんな時に限って現象」と名付けていました。言いえて妙ですね。


それを聞いた塩沼さん、ご自身は「公演前になると、必ず“大”を催す」とまさかの告白。1時間ちょっとの時間ステージに上がってお話をする前に、すべてを出し切っておきたいのかも、と自身で分析されたうえで、その状況を「スッキリさわやか現象」と名付けていました。なんともお茶目ですね(笑)。


そして、昨夜の放送で、わたし的に印象的だったお話がもうひとつあります。

それは・・・「塩沼さんが考える大人とは?」です。


塩沼さん曰く、「大人とは、文字通り大きな人、人間的に大きな人が大人であって、(年齢的には)大人だけど、精神的に子どもの人は、包容力がなく、不満なことがあるとムッとする。そんな人は大人なんだけど小さな人で【こどな】ですね」と。

そのうえで、「大人はいろんなことに耐えないといけない。そして、それを栄養として周り(のひと)を活かしていくのが大人」とおっしゃっていました。


周りの人を活かす人・・・難しいですがありがたいお題ですね。





さて、来週の放送から3週間は、仙台の慈眼寺で収録した模様をお送りします。

お寺の中をご案内いただいていますよ。

おたのしみに♬


それではまた来週!


★番組へのメッセージはコチラからどうぞ。

https://audee.jp/program/show/100000190


対象エリアの方は、radikoタイムフリーで1週間、番組を聞くことができます。ぜひお聞きください。

https://radiko.jp/#!/ts/INT/20211123213000

54回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示