検索

2月15日 放送後記 

こんにちは、放送作家のアベヒロコです。

今週も放送をお聞きいただきありがとうございました。


先日2月10日に、塩沼さんの新しいご本「寄りそう心」が全国発売となりました!パチパチパチパチ!!!!!

みなさん、すでにお手元に届いてますでしょうか?もうすでに、何度も読み返している方も多いかもしれませんね。かくいうわたしも、そのひとり。



塩沼さんの地元:宮城県は秋保の里の美しい写真と、滋味あふれる言葉の数々に、癒されています。どの章も、いつどんなときに読んでも、そのときの自分自身の精神状態にスッと入ってくる言葉たち。読む時々でとらえ方が異なるから不思議です。ちなみに、今朝パッと開いたページは、図らずも「寄りそう心」(139ページ)でした。今朝のわたしはこの言葉から「気づきへのチャンス」を頂戴しました。


5年続く、当番組とは別の塩沼さんのレギュラーラジオ番組「今朝の一言」(Date FM)から生まれた1300モノ言葉の中から、厳選され紡がれた言葉。塩沼さん曰く、「磨きに磨いた、自信ある言葉」が詰まっています。


311東日本大震災から11年目となる今年に発売できたのも意味があること、だそう。ハード面では整備がだいぶ整っていますが、ソフト面、ココロや人間関係の面においては、塩沼さんがまだまだ手を差し伸べたい方々が多くいらっしゃるそうです。そういう方々がいることを忘れてほしくない、広める、また支援するために、このタイミングでの刊行となりました。

「寄りそう心」の売り上げ印税は、昨年12月に設立した、財団法人塩沼亮潤大阿闍梨基金と通じて全額寄付するそうです。


1冊でも多く、みなさまのお手元に届きますように・・・。

ちなみに、題字の「寄りそう心」は塩沼さんの直筆ですよ。



動画では、今週も塩沼さんと小久保裕紀さんがトークされていますが・・・塩沼さんの近況をひとつ。


ココ最近、塩沼さんから五月雨式に短めの【音声データ】が送られてきます。

先日は・・・(*以下書き起こしです)


【近頃、仕事が詰まっていて、ひとつの仕事が終わってもすぐ移動すぐ移動と、次から次へとあわただしく過ごしていました。なかなか御不浄に行く間もなく・・・。そんなある日の仕事終わり。もうどうにも我慢がならなくなり、某施設のトイレにギリギリ間に合って、ハーッとひと息。おかげさまで大惨事になることもなく、事なきを得て安心。さぁ戻ろうと、地下駐車場で車を待っている間、目の端に自販機を発見。その途端、のどがカラカラだったことに気づき、迷わず購入。そのとき、手がふさがっていたので、荷物を積んでから飲もう、と考えながら車を発進させました。地下から上がって公道に出て、「さぁ、のどを潤そう!」とした瞬間・・・買ったドリンクを自販機に置き忘れたことに気づきました。。。愕然。。。・・・コレがわたしの「はじめて老いを感じた瞬間」です。】


みなさんも、塩沼さんのような経験があったら、ぜひ番組へメッセージを送ってくださいね。

塩沼さんの近況は、今後も番組内やコチラのオンエアサロンでこっそり?!ご紹介してきます!


それではまた来週!


★番組へのメッセージはコチラからどうぞ。

https://audee.jp/program/show/100000190


対象エリアの方は、radikoタイムフリーで1週間、番組を聞くことができます。ぜひお聞きください。

https://radiko.jp/#!/ts/INT/20220215213000

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示