検索

3月8日 放送後記

こんにちは、放送作家のアベヒロコです。

今週も放送をお聞きいただきありがとうございました。


この放送後記は少々お久しぶりですね。

みなさん、お元気でしたでしょうか?


気づけば、春はそこまで!木々も芽吹いて春めいてきましたね~。東京のわたしの家の近くの桜並木では、桜のつぼみがほんのりピンクに色づいてぷっくりしています。

花粉症の知人は、花粉の飛散で春の気配を感じ取り、真っ先に春の訪れを教えてくれました(笑)。・・・そんな方も多いのではないでしょうか。


さて、先週・先々週と、番組には品川女子学院:理事長の漆紫穂子(うるし・しほこ)さんをゲストにお招きしました。


塩沼さんと紫穂子先生は、普段から交流がおありなので、ざっくばらんな雰囲気でおふたりともとってもたのしそうでした。(ラジオにもそれが出ていたのでは?!)


紫穂子先生には、オンエアサロンにも3週連続でご出演いただきました。

その3回目がきのうから公開になりましたね。


紫穂子先生がトライアスロンをはじめたキッカケが、ぎっくり腰だったとは!!驚きましたね。16~17年前に心身ともに疲れているときに、出合ってしまったトライアスロン。友人の誘いもあって、体調を整えるためにはじめたものの、鍛え続けているうちにいつの間にやら世界大会にも出場。

(学院の生徒さんたちからは、SNSなどで「シホコやるじゃん」など言われているとか(笑))


紫穂子先生は、「追い込むのが好きなわけではないけど・・・」とおっしゃっていましたが、いやいやどうして!十分ご自身を追い込んでいますよね。


トレーニングで負荷をかけると、悩みが吹き飛ぶそうですよ。カラダを動かすと何らかの作用があるんでしょうか。


トライアスロンをいろんな方へ勧めているという紫穂子先生ですが、塩沼さんのことはまだ誘ったことがないそうです。「(千日回峰行の満行によって)人間の限界を超えた方を誘ってもね~(笑)」と。確かに!!

お互いを、「人間の限界を超えた人」と言い合うおふたりなのでした。


自分自身の限界を常に超えていくふたり。

おふたりの話を聞いていると、ちょっとした悩みは、「然もないこと」と気にならなくなるから不思議です。

「類は友を呼ぶ」とはよく言ったもので、塩沼さんの周りには、パワフルな方が多いです。・・・そんなみなさんの言霊にあやかれたらな、とコッソリ思っています。




来週は、エッセイスト・小説家・女優とさまざまな分野で活躍している、阿川佐和子さんをお招きします。


阿川さんもまた、パワフルな方でした。

阿川さんのベストセラー「聞く力」を拝読していたので、阿川さんとの収録時は、それを間近に体験し、「おお!コレがアノ【聞く力】なのか!!」と感嘆しまくりました。


ぜひぜひ来週の放送もおたのしみに♬


★番組へのメッセージはコチラからどうぞ。

https://audee.jp/program/show/100000190


対象エリアの方は、radikoタイムフリーで1週間、番組を聞くことができます。ぜひお聞きください。

https://radiko.jp/#!/ts/INT/20220308213000

閲覧数:75回1件のコメント

最新記事

すべて表示