検索

6月15日 放送後記 

こんにちは。今週もOAをお聞きいただきありがとうございます!

放送作家のアベヒロコです。


昨夜出演してくださったテニスプレイヤーの伊達公子さん、ほんとステキな方でしたね~♬6月15日と22日の放送は、2週に渡って伊達さんにお話を伺います。


塩沼さんと伊達さんが、スタジオに並んでお話しているのを見て、共通点をふたつ発見しました!それは、笑顔が似ている!文字通りくしゃっとなる【破顔】がそっくり。ふたつめは、勝つことがすき、1番がすき、負けるのは嫌い。でもこの勝敗は、テニスなどの勝負事というよりも、「自分に打ち勝つ・打ち克つ」ことの方が大きいかも、と勝手に分析。

この分析、意外に当たっているかも・・・と思いながら、ふたりのお話をたのしみました。


とても驚いたのが、塩沼さんと伊達さんが、今回のラジオを含めて会うのが3回目ということ。そんなもんですか?おふたりかなり仲がいいですよね?とお尋ねしたら、揃って、「出会って3ヵ月!(笑)」と即答。伊達さん曰く「出会ってまだ3ヵ月だけど、全然そんな気がしない。不思議なご縁ですね。(共通の知人から)塩沼さんのことは話に聞いていたからか、会った瞬間に『ピンと来た』」そうです。そういう方っていますよね。なぜだか惹かれあう、もっと知りたくなる、会いたくなるひと。魂が呼び合ってるのでしょうか??


実際、塩沼さんからは、昔からの大親友のようなテンションで、番組がはじまってすぐのころから「伊達さん、お招きしようよ」、とわたしたちスタッフへ話があり、今回ご出演の運びとなりました。


伊達さんは、言わずと知れた世界的元プロテニスプレーヤー。

多くの大会で数々の戦績を残し、26歳で1度目の引退をした1996年のランキングは、世界第8位!当時、「まだまだできそうなのに・・・どうして?」と勝手ながら思ったモノです。


引退の大きな理由は、「孤独感」だったそう。1度目の現役キャリア時の【心のよりどころ】は、「夢の実現のためにはやるしかないんだ。弱音を吐きたいけど、そうしちゃったら夢が実現できない。そもそも自分が選んだ道だからやろう」というその想いだけ。常に葛藤していたそうです。そうやって、耐えて耐えて、張り詰めた状態でいたから・・・「最後はもう無理」となってしまったとか。


今とは違って、スマホもなく、気軽に日本へ連絡も出来ず、誰かと繋がることもままならない、進むのは目の前の道のみ。でも、このまま立ち止まらずに進んだら大好きなテニスが嫌いになってしまう・・・そんな不安もあったのかもしれません。


1度目の引退から12年後、伊達さんは再びテニスコートへ舞い戻ります。30代半ばでの現役復帰です。このニュースにも驚いたのを覚えています。でもどこかで、「やっぱり!」と強く思ったのも確か。当時、テレビ画面を通してのなんとなくの印象ですが、伊達さんの笑顔が柔らかく感じたんですよね。


聞けば、「孤独から解放された」一度目の引退後は、白紙のスケジュール帳を見てはニヤニヤしながら帰りの時間を気にせず、青春を取り戻すかのように自由を謳歌し、テニスのラケットを倉庫に隠すまでしてテニスと距離を取っていたそうです。が、徐々に自らテニスへ近づくような行動を知らず知らずのうちにとるように・・・。数年おきに、エキシビションマッチに出場したり、フルマラソンにトライしたりと、【目標を掲げて突き進む】ことを選んでいたんだとか。


まさに導かれていますよね。また当時の旦那様の後押しも大きかったそう。テニスに対する絡まった想いを徐々にほどいていった末にあった現役復帰。「どちらのキャリアにおいても、テニスへのスタンスは変わらないけど、1度目の現役時代はツアーをたのしめていなかった。でも、2度目は後輩たちと何気ない会話したり、勝つことも負けることもたのしかった」そうです。


勝つことも負けることもたのしい、ってなかなか言えないですよね。青春を取り戻した後の伊達さんは、きっとさらに人間的にも深みを増して、技術的にはもちろんですが、メンタルにおける勝負と立ち向かう術、武器を手に入れたんだと思います。だから笑顔が柔らかく感じたのかも・・・。


そんな伊達さんのお話に、「52歳になって、大峯山に登ったら、歩き方が上手になっていた」と振り返る塩沼さん。伊達さんの2度目の現役時代を楽しんでいた様子と重なりますね。おふたりとも長い年月の中で経験を積み重ねたことで、一度自分自身を俯瞰できたからこそ感じたことなのかも。。。なんて、煩悩満載のわたしは思ってしまったのでした。


現在伊達さんは、自身が経験したことを後輩たちへ伝えようと様々な分野で活躍。なかでも、テニスの環境整備に力を入れています。

このお話については、ぜひradikoで伊達さんの熱い思いを聞いてみてくださいね。


来週も伊達公子さんをお迎えします。塩沼さんとわたしで、放送後記を動画でお送りしますよ~♬おたのしみに。


対象エリアの方は、radikoタイムフリーで1週間、番組を聞くことができます。ぜひお聞きください。

https://radiko.jp/#!/ts/INT/20210615213000

76回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示