検索

9月21日 放送後記

放送作家のアベヒロコです。今週もお聞きいただきありがとうございました。


今週は、塩沼さんの「上京物語」が垣間見られた放送となりました。


『音楽修行』コーナーでは、

毎回、塩沼さんもわたしも初見ならぬ【初聞】なのですが、

今回、ディレクターが修行に、と取り上げた楽曲は、Saucy Dogの「東京」。


東京と名の付く曲は数多ありますが、そのどれもがタイトルとは裏腹に、郷愁を誘いますよね。今回の「東京」もそのひとつでした。


千日回峰行を終えて30代はじめで東京に出たとき、塩沼さんも東京特有の厳しさにぶつかったそうです。そして、東京タワーを見上げるたびに、泣きそうになったんだとか。あんなにつらい修行をなさった塩沼さんですら、です。


のちに訪れたNYの街でもそれを感じ取ったそう。

面積的には狭いけれど、活躍しているひと、第一線のひとのみが住まう街から、「はじき出されないようにしていた」とのこと。


塩沼さんは、この楽曲の、


♬東京。大丈夫僕は。うまくやれてるよ

諦めることにも麻痺してきたから


という歌詞から、【大人になって割り算が出来てくる】・・・こういう想いを抱えてがんばってるんですね。うるっときますね、と共感されていました。


上京してきた地方出身者だけでなく、今を生きる人々に、「ひとやすみしてもいいんだよ」とも言ってくれているような歌詞でした。

収録中、ふたりともちょっと涙目でお届けした「東京」でした。

これぞ、デトックス。「涙活(るいかつ)」ですね(笑)


ご紹介したバンドのHPはコチラです。気になった方はご覧くださいね。

https://saucydog.jp/




今週、映画修行でご紹介したのは、24日から公開の「殺人鬼から逃げる夜」。


★ストーリー

街で続く連続殺人。その夜、帰宅途中に事件現場を目撃したギョンミは、

次のターゲットになってしまいます。

全力で逃げるギョンミでしたが、聴覚が不自由な彼女には、

犯人が追いかけてくる足音も聞こえなければ、助けを呼ぶ言葉も届きません。

果たして「聞こえない」目撃者は、視覚・脚力・機転だけを武器に、

その夜を生き抜けるのか。。。

全世界の映画ファンを、歓喜と興奮で覚醒させる、

新時代の逃走サイレントスリラー、新たなる韓国の傑作スリラー誕生!

『殺人鬼から逃げる夜』は、9月24日、金曜から公開。


もうひたすら逃げ惑う主人公。

走って逃げて、驚いて。

主人公になりきって観たわたしはくたくたでした(笑)


韓国映画は、毎回こういうひねりを利かせてくるので、気が抜けません。

気になった方はぜひ劇場で。


ご覧になったら感想も聞かせてくださいね。


*映画「殺人鬼から逃げる夜」公式HP

https://gaga.ne.jp/satujinki/


*AuDee リンク

https://audee.jp/program/show/100000190


それではまた来週!!


対象エリアの方は、radikoタイムフリーで1週間、番組を聞くことができます。ぜひお聞きください。

https://radiko.jp/#!/ts/INT/20210921213000


71回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示